ひょうすけの写真俳句

アクセスカウンタ

zoom RSS 献雫

<<   作成日時 : 2012/01/20 23:31   >>

ナイス ブログ気持玉 77 / トラックバック 2 / コメント 74

昨年私が飼育し羽化させたアオスジアゲハです。アオスジアゲハの幼虫はクスノキの仲間の葉を食べて育ちます。羽化した直後は小枝などにぶら下がって翅を伸ばし、また余分の水分を排出したり翅を乾燥させたりしています。地球温暖化の影響で北進し、現在は青森県まで生息域を広げているそうです。その昔、新潟美人のけっこさーんが山登りされて見られた幻の青い蝶は多分この美蝶だったのでしょう。(以下クリックし拡大してご覧くださいね)

画像


ところで昨年の東北大震災の後最初に羽化したアオスジアゲハに異変がありました。ご覧ください。翅(左)に美しい緑色の水滴が付いています。羽化した時どこか怪我をして血液が出たのだろうと私は考えました。私達の赤い血のヘモグロビンでなく昆虫の血は青いヘモシアニンだから。

画像

                           血涙は緑 被災地の青き蝶

ところが反対側(右)の翅にも同じ所に緑色の水滴が・・・そうか、この緑の水滴は両方の目から流れた涙だったのだ・・・そういえばあの大津波のテレビ画面をこの蝶は蛹の時見ていたのだ・・・瞬間私はそう感じていました。
 今まで何十回と蝶の羽化を観察してきましたが、緑色の蝶の雫を見たのはこの時だけでした。

画像

                        涙落としアオスジアゲハ旅立ちぬ

東北大震災直前の3月4日のブログに載せたサギソウの水滴です。

画像


今思うとあの大津波の予告だったのかも。

画像


芭蕉は奥の細道で「行く春や鳥啼き魚の目は涙」と詠っています。サギ(草)と蝶の涙を見て私はこの芭蕉の句を思い出していました。

画像

                               


東北大震災をはじめ昨年は不幸な出来事が多くありました。亡くなられた方々や今もって苦しんでおられる皆様に私が撮った雫の写真を捧げます。(季節に関係なく以下に載せてみました。ご覧いただければ幸甚です。)

画像


画像


画像


画像


この写真はののはなさんからお借りしました。

画像


画像


画像


画像



画像



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

                          年の瀬や隣国の人号泣す

画像

                              大災害に万物全て涙かな


備考
昨年早々、私のミスでピクチャー等に入れてあった写真が全て消えてしまいました。その復元に1ケ月以上かかりましたが、出てきた写真はテンデバラバラで何時何処で撮ったものか判らない状態でした。上から11番目の写真、てっきり私が撮ったものと思い載せましたが、この度ののはなさんのお写真であったことが判りました。お詫び申しあげます。また復元した写真は他にもひょっとしたら人様の写真を載せていたかもしれませんがお許しくださいますようお願いいたします。
                                                          ひょうすけ













月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 77
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アオスジアゲハの羽化
8月7日、本年初めてのアオスジアゲハが羽化しました。6時51分の姿です。 ...続きを見る
ひょうすけの写真俳句
2012/08/13 05:58
冬蝶の羽化
今日は何の日?そう、12月19 日は隣国の韓国の大統領選挙の日です。韓国史上初めての女性大統領が出現するかどうか世界中が注目している日なのです。そして何と我が家の今年最後のナミアゲハが羽化しました。前回は11月半ばの羽化だったのに1ケ月遅れてあたかも大統領選に合わせた如くの羽化でした。  ...続きを見る
ひょうすけの写真俳句
2012/12/21 07:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(74件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
お久しぶりの雫シリーズですね。
>今まで何十回と蝶の羽化を観察してきましたが、緑色の蝶の雫を見たのはこの時だけでした。<
この言葉に世の中には不思議な事が実際に起こりえるんだなと思いました。
真っ赤な雫は何を語っているんでしょうか?
緑の雫は何を伝えようとしているんでしょうか?
ろこ
2012/01/21 12:29
アオスジアゲハの青は、本当に澄んでいて、独特な青色ですよね。
ターコイズブルー(トルコ石のブルー)とでも言うのでしょうか。
私は、蝶の羽化というと、アゲハ、キアゲハ、モンシロチョウの羽化しか見たことがありません。アオスジアゲハの実物は、よく見かけるし、クスノキも身近にありますが、羽化する瞬間を見るのは難しいですね。
雫の写真を見ると、心が洗われるようです。
今日も冬の雨で、気温はあるのですが冷たい一日です。
りりい
2012/01/21 13:21
ろこさんへ
はい、雫の写真は一杯撮ってあったのですが、出し損なってお蔵入りになっていました。蝶の緑の雫、こんな不思議な現象を東北大震災への涙として載せようと考え、ついでにお蔵入りの雫の写真も出すことにしました。あの雫は蝶の体液でヘモシアニンだからでしょうね。真っ赤な雫、緑の雫、北朝鮮の人のように慟哭の涙と考えておりますが、ちょっと無理でしょうか。
ひょうすけ
2012/01/21 16:30
りりいさんへ
毎年アオスジアゲハは30匹程羽化させていましたが、昨年は全く来てくれず、わずか3匹だけでした。他の揚羽蝶も寄生虫にやられて羽化したものはほんのわずかでした。アオスジアゲハのあの青は本当に素晴らしいですね。宝石には全く興味ありませんが雫の美しさにははまってしまいました。今回は東北大震災に対しての涙としましたので説明は無しにしました。
ひょうすけ
2012/01/21 16:41
ひょうすけさん
蝶の緑色の涙を見て胸がキュンと痛みました。
昨年は日本中の人たちが、色んな色の涙を
流しました。今でもニュースを見るたびに
なにも出来ない自分が辛いです。
色んな色の雫の写真有難うございました。
ブログにお邪魔して良かったです。
写真展に出す写真の撮り方の参考にさせて頂きます。
サギ草って3月に咲くんですか?
私のところは7月ごろなんですが・・・・
毎年サギ草の球根が小さくなり、花も小さくなりました。
サギ草の上手な育て方教えてほしいです。
ルンルン
2012/01/21 17:50
ルンルンさんへ
昨年の3月4日に載せた雫のブログは実は私のミスでそれまであった写真が全て消えてしまい、それの復元をしたら季節も年月もバラバラになってしまいましたので今回と同じように時期に関係なく載せた次第です。それで時期はずれのサギソウを載せたので3月に咲いたのではありません。今回は芭蕉の俳句「鳥啼き魚の目は・・」に合わせてサギを持ち出したしだいです。育て方は全く知りません。蝶の雫は蝶の体液なんでしょうね。飛ぶために身を軽くしたのでしょう。
ひょうすけ
2012/01/21 18:16
こんばんは。
アオスジアゲハも綺麗ですが緑の涙には神秘さを感じます。
ひょうすけさんの雫シリーズの素晴らしさはいつも感嘆しますが今回は全てが涙にみえてきます。
被災地の方々の涙で有り被災地の方々に捧げる涙にもみえます。
美しい涙ですね!
いつもですが雫には心の埃も洗われるようです。
まきちゃん
2012/01/21 22:05
ひょうすけさんお久しぶりです。
蝶の涙と、雫の涙?凄く胸にじんと来てしまって
雫ってこんなに厳かな物なのですね〜〜〜。
見せて頂いて居る内に涙が・・・・私だけでしょうか?
コメントの下手な私が思わずコメントを書いてしまいました・・・・
おまめ
2012/01/21 22:28
まきさんへ
お早うございます。アオスジアゲハは本当にきれいな蝶ですね。毎年100匹前後幼虫を飼育していましたが、昨年は何故かアゲハチョウ類の幼虫が極端に少なく、特にアオスジアゲハは5匹だけでした。緑色の涙を出したのはその第1号でしたがてっきり傷ついて出した血液だと思っていました。ところが左右の翅の同じところにあることに気付いてこれは傷でなく身体を軽くするために体液を出したのだと判断しました。でも後にも先にも蝶の雫を見たのはこの蝶だけでした。この頃テレビは津波の報道をしていましたので蝶の涙だとこじつけて載せてしまいました。雫、尾ほめくださりありがとうございます。
ひょうすけ
2012/01/22 00:55
おまめさんへ
お早うございます。こちらこそご無沙汰してしまっています。蝶の雫を見たのはこの時だけでした。本当に不思議ですが、身体を軽くするためにどの蝶も体液を放出していたのでしょうね。これを涙にしたために他の雫もコメントを載せませんでした。
ひょうすけ
2012/01/22 01:04
アオスジの無事羽化、おめでとうございます。 青い涙はきっといろんな意味がこもっているのだと信じたいですね。(でもホントはお腹の中から出た体液ですよね) 先日、カバマダラが香港で・・・って記事を読み、ひょっとしてひょうすけさんが??と思っていました。
mint
2012/01/22 10:45
久しぶりの雫シリーズにうっとりしています。
自然がくれるプレゼントに、暫し心が癒されます。
そしてその美を見逃さなかった、ひょうすけ様にも感謝です。

アオスジアゲハの美しさも素晴らしく、
何年も飼育を続けられている魅力もわかります。
その中で初めての緑の涙は?
何が起こるかわからないからこそ、虜になるのでしょうね。
桜子
2012/01/22 16:26
mintさんへ
お早うございます。蝶の雫、てっきり傷が原因で血液が出たのだと思って、載せずにいました。たまたま昨年の写真を見直していたら左右両方の翅の同じ部位に雫があることに気付き、身体を軽くするための体液の放出だったことを知りました。この写真を撮った4月下旬頃は東北大震災の津波の映像がテレビで繰り返し放送されていましたので、それを見て蝶も涙したのだと設定して同時に今回は溜まっていた雫の写真も載せた次第です。あの時涙した日本人皆様の涙・・のつもりでした。カバマダラ、ひょっとしたら温暖化で愛知にも来ているかもしれません。今年食草のガガイモとフウセントウワタの種を撒きました。ガガイモはもう発芽して育てています。お知らせくださりありがとうございました。
ひょうすけ
2012/01/23 02:42
桜子さんへ
お早うございます。御身体の方如何ですか。御地は雪で大変ですね。アオスジアゲハ、そもそもは孫の夏休みの宿題の手伝いだったのですが、ミイラ取りがミイラになってしまいました。雫はこのほかにも一杯撮ってあったのですが、載せる機会がなくお蔵入りでした。アオスジアゲハの雫は羽化の時傷つけたためと思って載せずにいましたが、昨年の東北大震災に涙したと設定して今回見ていただいた次第です。おほめくださりありがとさんです。
ひょうすけ
2012/01/23 02:56
おはようございます
「大災害に万物全て涙かな」という最後の句が
とても印象的に残りました
清らかで美しい雫のお写真たち
物悲しいですが
その涙が、悲しみを流してくれるように感じました
Jill
2012/01/23 08:47
ひょうすけさん、からだの調子はすっかり戻られましたか?
長い時間のPCは腰に負担をかけますから、お気をつけ下さいね。
でも、こうしてまたひょうすけさんの蝶や雫の写真に出会えると嬉しさで一杯のけっこです。
そうそう、幻の蝶を見たのは息子が小学1年生での登山の時でしたから、もう30年近く前のことになるのです。ひょうすけさんのおかげで1昨年は孫と共にアオスジアゲハの観察に燃えました。(笑)でも昨年はなぜか失敗が多く、可愛そうなことをしてしまいました。それでも旅立っていった5羽の蝶の美しい姿は忘れません。その節は本当にいろいろとありがとうございました。
深い緑は本当に悲しみの涙色に見えますね。
被災者の皆様が一日も早く軽やかに故郷で羽ばたけるようにと願っています。
けっこちゃーん
2012/01/23 11:27
ひょうすけさん、こんにちは
すっかりご無沙汰して、失礼しております。
前記事から拝見させて頂きましたが、体調の方は、もう、よろしいのですか?
この時期は寒さが一番厳しい頃と言われますので、あまり、ご無理なさらないようにね。

>羽化した時どこか怪我をして血液が出た・・・・
>この緑の水滴は両方の目から流れた涙
ひょうすけさんの観察力には、いつも感心しております。
おっしゃる通りなのかも知れませんね。
アオスジアゲハ、ほんと美しいですね〜。

久しぶりに拝見する雫、見ているだけで癒されますねぇ。
雫の神秘さと美しさ、どの雫も素晴らしく素敵です!
新年のご挨拶が遅くなりましたが
本年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。
kirari
2012/01/23 16:08
jillさんへ
東北大震災のあと自分なりに雫や花など載せるのを自粛していたようで、お蔵入りでしたが、今回涙として取りあげてみました。こうしてみると思ったより美しかったなと思いました。蝶の雫はどの蝶も身体を軽くするために体液を出しますが翅の付け根から出るとは思ってもいませんでした。翅を軽くするためだったのでしょうね。
ひょうすけ
2012/01/23 18:06
けっこさーんへ
おっしゃる通り良寛さんでなくて一休さんでした。勘違いでした。ところで山登りは30年も前のことでしたか。昨年は私の方も全く不調で次々に寄生虫にやられました。蝶になったのはアオスジは3匹だけでした。自民と民主の足の引っ張り合いに絶望しているひょうすけです。
ひょうすけ
2012/01/23 18:19
kirariさんへ
羽化した時身を軽くするために体液を出すのは何度も見ていましたが、翅のつけねから雫を出すのは初めてでした。翅を軽くするため、乾燥させるためだったのでしょうね。kirariさん、こちらこそ今年もよろしくお願いしますね。
ひょうすけ
2012/01/23 18:27
こんばんは〜♪
美しいアオスジアゲハですね。
輝くような色彩にウットリ見ています。
それに合わせるかのような素晴らしい俳句の数々
どれも心に響いてきます。

雫も色の魔術師で、いつ見ても楽しいし
見とれてしまいます。
益々お寒くなりました・・・お体にお気をつけて下さいませ
ミモザ
2012/01/23 20:41
ヾ(o・_●・)ノこんばんはぁ♪

素晴らしい、雫の写真。
久しぶりに、ひょうすけさんの雫を見てうっとりしております。
すっかり体調はもどられましたか?
おだいじにしてくださいね。
また、素敵なお写真お待ちしております。

今日も、おおきなじしんがありましたね。
東京直下型地震が4年以内に70%おきるといわれました。
ほんとにこわいですね。
kyabetu
2012/01/23 23:39
ミモザさんへ
お早うございます。アオスジアゲハも樟脳を作るクスノキを食べているので「毒蝶」なんでしょうね。「美しいものには毒がある」で本当に美しい蝶です。緑の雫もそれに相応した宝石のようですね。雫は載せるのを控えていましたが「涙」ということで今回載せてみました。御地はまた強い地震があったようですね。雪も多いようだし、大変ですね。お見舞い申しあげます。
ひょうすけ
2012/01/24 05:57
kyabetuさんへ
お早うございます。はい、大晦日と元日はギックリゴシ状態の腰痛で動けなかったのですが2日以降は回復して今はピンピンしています。雫、載せるのを控えていましたが「涙」ということで蔵出ししました。褒めてくださりありがとうございます。今度の見直しで東海地震の震源域に我が家も入ってしまいました。ここのところ我が家周辺は台風も地震もなく、かえって不気味です。東京直下地震と東海地震、どちらが先か、戦々恐々の毎日ですね。
ひょうすけ
2012/01/24 06:08
アオスジアゲハの緑の雫神秘的ですね。
雫にも色々あって撮り方によって様々な表情が見られて素敵です。
震災に遭われた多くの方々今も不自由な生活を余儀なくされている事でしょう
一日も早く普通の生活が出来る事を祈って居ます。
もこ
2012/01/24 21:38
もこさんへ
お早うございます。生きている蝶が自分で雫を作るとは全く予想外でした。その雫の美しいこと!早速何枚も写真に撮りました。その時は怪我をして出した血液だと思ったのですが、今回見直して見たら反対側の翅にもあったことがわかり、翅の付根から翅を乾燥させるために出した体液だとわかりました。花や雫を載せるのは自粛していましたが、年も代わり、また「涙」ということで今回蔵出しをしたしだいです。
ひょうすけ
2012/01/25 03:26
緑色の雫、やはり大震災を見ていたのでしょうね。。。その後の雫の蝶は無事どこかへ飛んでいったのでしょうか?放射能きのこも出てたし、因果関係は不明らしいですが耳のないうさぎとかでてるようですね。自然に近いものほどはっきりと影響が見えますね。それにしても雫は美しいですね。災害があろうとなかろうと美しいです。。最後の一句に同感です。
こりす
2012/01/25 05:12
こりすさんへ
お早うございます。蝶が雫を出すとは全くの想定外でした。結局身を軽くして飛べるように体液を出したのですね。逆さにぶら下がって翅を伸ばす時に使った体液が不要になって翅の付けねから放出したのでしょうが、私は大津波被害への血涙と解釈しました。放射能被害はこれから色々な症状となってあらわれることでしょう。最期の一句季語がないので俳句会には出せません。大津波にしたら駄目でしょうか。雫は宝石よりも美しいというのが私の実感です。
ひょうすけ
2012/01/25 08:01
ご無沙汰いたしました。
お越しくださってありがとうございました。
悲しみの涙・ダイアモンドの様な美しい露、感慨無量でした。
アオスジアゲハは涙を隠して希望を持って、
明日へと旅立って行ったのですね。
ハッピー
2012/01/25 11:55
アオスジアゲハに異変の緑の水滴にびっくり。でも記事を読んでなるほどと。昆虫の血は青いヘモシアニンですか。観察をすればいろんなおもしろいことがわかるのですね。う〜ん
で、なつかしの水滴集を眺めました。わたしもひょうすけさんに刺激されて何回か水滴を撮ろうとしたのですが、ひょうすけさんのようなシャッターチャンスに恵まれませんでしたね。で、「おひとりさまの...」って記事を書いた日、前日の雨上がり。太陽にきらめく宝石をみつけました。上から6枚目の写真です。ひょうすけさん大切に保存してくださっていたのですね。ありがとう1それはシャップルされてこうして出てきたのですね。なんかしみじみ自分の写真をながめました。最後の1枚はやはり印象的ですね。芸術作品になってますね。

ののはな
2012/01/25 13:10
いつもながらひょうすけさんの目の付け所に感服です。
緑の涙・・・記事を呼んでいて思わずウルウルきてしまいました。

すてきな水滴の数々、被災者のこころもきっと
癒してくれると思います。

がれきの搬入拒否の市民運動もさかんに行われているみたいですが
震災前のすばらしい日本の景色を後世に残すには
国民すべてが協力しなくてはならないことだと思います。
れに
2012/01/25 14:28
ハッピーさんへ
お久しぶりです。蝶の雫は初めてでした。幼虫や蛹の時の体液たっぷりから蝶は軽くなって空を飛べるように羽化の時水分を一杯お尻から出すことは知っていましたが翅の付け根から翅の中の水分を放出していたのですね。この蝶はこの後雫を落として半日後無事に飛んでいきました。雫は一杯撮ってあったのですが昨年は載せるのを控えておりました。年もかわったので大津波被害に対する涙として今回載せた次第です。
ひょうすけ
2012/01/25 18:47
ののはなさんへ
ののはなさんのお写真ということを知らずてっきり私の写真と勘違いして載せてしまいました。ごめんなさいね。実は「2011,03,04復元した露雫」にも載せていました。申し訳ありません。最後の写真もひょっとしてののはなさんのでしたか?これも復元した写真でした。若しそうなら陳謝いたします。
ひょうすけ
2012/01/25 19:00
れにさんへ
昨年は本当に不幸が重なりましたね。雫の写真は載せるのを控えていましたが、年も代わったことでもあり、大災害に対する皆様の涙として載せたしだいです。沖縄のこともそうですが、現地があれだけ苦しんでいるのですから苦しみを分かち合う気持ちを持って欲しいですよね。自分のところだけよければ良いという最近の日本人に私は失望、絶望しています。
ひょうすけ
2012/01/25 19:09
我が家の庭で以前羽化する蝶をずっと眺めていたことがあります。ゆっくりと飛び立つ準備をして行くさまが印象深かったです。
さまざまな雫の涙、ただ眺めています。
あまりに美しくて、せつない気持ちになりました。
komichi
2012/01/26 00:11
komichiさんへ
お早うございます。蝶の羽化、そもそもは孫の夏休みの宿題を手伝いだったのですがミイラとりがミイラになってしまいました。蝶の雫はてっきり怪我をして出した血液で飛び立てないだろうと心配していましたが昼過ぎになって無事飛んでくれてホッとしたことを覚えています。雫は昨年は載せるのを自制していましたが年も代わったことで、涙として載せた次第です。
ひょうすけ
2012/01/26 04:02
毎回ひょうすけさんの観察力に敬服しています。
アオスジアゲハも美しいですね。
美しい雫、お見事ですね。芸術ですね。
前衛的な表現でキャンパスに描きたくなりました。
南十字星
2012/01/26 13:48
南十字星さんへ
お早うございます。美しい蝶の中でもアオスジアゲハはずば抜けて美しい蝶ですね。こんなに美しいのは多分毒蝶なんでしょうね。クスノキは樟脳を作る木なんです。私宝石なんて全く興味ありませんが雫や水滴の美しさにははまってしまいました。一瞬の儚い宝石なんですね。雨がふったら是非雫探しをされてキャンバスに描いてください。
ひょうすけ
2012/01/27 01:47
こんばんは。ご無沙汰いたしました。
おかげさまで少しづつ復帰しています。
雫の写真、美しいですね。
雫の中の世界が神秘的でとても魅力を感じました。

アオスジアゲハの緑の涙・・感動ですね!
ひょうすけさんがおっしゃる通り、未曾有の災害をきっと蛹の時に見ていたのでしょう。。。
いくつもの自然の神秘見せていただき、ありがとうございました。
そして・・とっても遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
桜子(おうこ)
2012/01/27 22:41
桜子さんへ
お早うございます。母上様大変でしたね。お見舞い申しあげます。我が家の長男の嫁の父も母上様と同じような症状で大変でしたが最近は随分回復したとの知らせがありました。桜子さん、頑張ってくださいね。アオスジアゲハの羽化は50回近く観測しましたが雫をみたのはこれだけでした。羽化する時体液を一杯出すのは知っていましたが翅を伸ばすために使った水分を翅を乾かすために、どの蝶も翅の付け根から放出していたのでしょうね。それがたまたま水滴になったのでしょうね。他の雫は昨年は載せるのを自粛していたのですが年も代わったことでもあり、鎮魂の涙として載せることにしました。宝石には全く関心ありませんが短命の雫の美しさにははまってしまいました。桜子さん、こちらこそよろしくお付き合いをお願いしますね。
ひょうすけ
2012/01/28 04:24
お早う御座います。
アオスジアゲハ、我が家の小さい庭にも良く飛んできます。
あの青は綺麗でよく目立ちますね。
緑色の涙は羽の色としては残らなかったのですか?

雫は、今にも赤ちゃんを産みおとす瞬間の様に思います。
雫の命はつかの間ですが、色がいろいろ変化して神秘的ですね。
綺麗なもの見せて頂き有難う御座いました。
はるわか
2012/01/28 09:35
はるわかさんへ
はい、写真に撮ってしばらくして羽ばたいたら雫は落ちました。翅には色はのこりませんでした。雫はいわゆる「美人薄命」で、美しさが倍加しますね。宝石には全く興味ありませんが雫にははまってしまいました。ありがとうと言ってくださって恐縮しております。
ひょうすけ
2012/01/28 11:43
こんにちは♪

早速遊びに伺いました。
 
アオスジアゲハとても美しいですね。
緑色の涙も書かれてるコメントにも
何とも言われずもの悲しさが感じられます。

雫も見方一つで悲しみを表現する雫もあれば
楽しくなる雫もあり表現が豊かですよね。

こんなふうに撮り続けれる心の眼差しを
私ももちたいものです。

素敵なお写真見させて頂きありがとうございます。



keiko
2012/01/28 13:12
keikoさんへ
ようこそお出でくださいました。実は前作を拝見、富山城址、高岡大仏、棟方志功の福光の光徳時など私が行った所の記事を見てお邪魔してしまいました。アオスジアゲハは日本の美蝶としては3本指に入るでしょうね。樟脳を作るクスノキの葉を食べるのでフグやアサギマダラと同じように毒蝶なのでしょう。雫は昨年は載せるのを自粛していましたが年も代わったことでもあり鎮魂の涙として載せた次第です。keikoさん、これからもよろしくお付き合いくださいね。
ひょうすけ
2012/01/28 14:10
ひょうすけさん

こんにちは〜
一年で一番寒い季節ですね。四国も毎日最低気温は0度近くになります。

写真を拝見しました。
アオスジアゲハの緑色の涙を始め、色々な水滴を見ていますと、ひょうすけさんも書かれていますように、東北の被災地のことを思ってしまいます。
この厳冬をどのようなお気持ちで過ごされているのか。
心が悲しくなってきました。
四国のオリーブ
2012/01/28 16:06
こんばんは。
緑色の水滴(雫・・涙)とても素敵な色です
・・・が、その異変が起こった日が悲しみの3.11だったとは
自然界の蝶だから感じ取ったのかもとも思えますね。
日本中がいま寒気で凍えそうに成ってます
被災された地域にお住まいの方々は更に不自由な苦痛な日々を過している事でしょう
暦の上では来週は節分・立春です
少しでも早く寒気が抜けて暖かくなることを願い祈ります。
雫が作る自然の作品・・・雨粒、朝露、雪解け・・・どれも素敵ですね。。。

きょんたん
2012/01/28 17:34
オリーブさんへ
四国も太平洋側は温かいのでしょうが、瀬戸内海側は雪も降って寒いのでしょうね。昨年は雫を載せるのは自粛していましたが年も代わったことから鎮魂の涙として載せることにしました。東北の津波で同級生も数人亡くなっており、また福島では同級生の部下が6人行方不明なるも、高放射能で捜索できず、結果全員死亡だったとか、哀しいことの多かった年でしたね。今年は是非明るい年になることを期待したいです。
ひょうすけ
2012/01/28 18:20
きょんたんさんへ
蝶の雫の写真を撮ったのは4月下旬でした。3月11日から羽化するまでは幼虫〜蛹でしたが、この間毎日のように津波や原発のニュースが流れていたので見ていたことにして話をすすめました。雫、おほめくださってありがとうございます。本当に早く温かくなると良いですね。
ひょうすけ
2012/01/28 18:30
写真もさることながらうりn俳句もまたまた受賞なされた位だから17文字の奥に
感じられる深さが感じられ今年は春から縁起が宜しいようで。
半年振りのお邪魔です。大川君との苦別離をあじあったかと思ったら19日には
高校時代の友人との別離で暗い暗いお正月でした。
お写真の水滴は余りに美しすぎて血涙には程遠いですね。神か仏の涙のようで
は有りませんか?
性質の悪い俺が居るから茨城・千葉は地震が来るのだと良くお電話を頂くが
冗談はさておき4年以内のM8地震が襲来確率70%と発表され非情にショック
を受けている所です。本当に仏様に聞きたい位ですね。仏様ほんに御慈悲が
おありならせめて傘寿の峠を越えるまで!とお祈りしております。
余りの寒さに炬燵から離れる事も出来ずにパソコンで一人痲雀です。
又ね。
かなめ〜
2012/01/28 19:25
かなめさんへ
東北大震災で亡くなられた方や苦しんでおられる人への鎮魂の涙は美しいものでなければならない、と考えたしだいです。ところで今度ゆれたホッサマグナの地震も青森の地震もなぜかひょうすけ邸は全くゆれませんでした。矢張り神は人を見てくれているようです。若し御地方の直下型地震の怖さからのがれたいなら、品行方正のひょう介のブログを一生懸命見ることです。
ひょうすけ
2012/01/28 20:03
いつもながら美しい雫に、心癒されます。
今年は、蝶が涙を流さない年になって欲しいですね。
全国で様々な災害が起こる昨今。非常に恐怖を覚えながらも、やはり地球は生きているのだ…と何だか諦めに似た気持ちを持っています。
それにしてもひょうすけさん。ピクチャーの写真が復元出来てよかったですね!
マミー
2012/01/28 23:20
マミーさんへ
お早うございます。蝶の雫、きっとどの蝶も水分を出しているのでしょうから今年は逆にナミアゲハやカラスアゲハ、モンキアゲハ等色々な蝶の涙を探してみます。嬉しい涙、哀しい涙、悔しい涙、怒りの涙、きっと色々な色の涙が見つかることでしょう。雫、美しいと言ってくださって嬉しいです。写真の復元、もうこりごりです。それにしても自分が写した覚えのない写真が一杯出てきて5万枚程、そこから1000枚程50日程かけて戻しましたがテンデンバラバラで何時何処で誰が撮ったのか全く判らなくなっていました。
ひょうすけ
2012/01/29 02:24
こんにちわ。
>昆虫の血は青いヘモシアニン
そうなんですか。昆虫のことは全く無知でして、ひょうすけさんの記事を拝見し、とても勉強になります。
そして、緑色のものは蝶が流した涙なんですね。何かしら切なくなります。

今年は涙を流さない一年になると良いですね。
雫、素敵に捉えられていますね♪

たしかに写真の復元、大変ですね。
お疲れ様でした。
ハーモニー
2012/01/29 12:27
ハーモニーさんへ
ヘモシアニンはタコやイカなどの軟体動物、エビカニや昆虫名護の節足動物の血液で銅原子2屠酸素分子1が結合しており、ヘモグロビンは我々の赤い血ですが鉄原子1と酸素分子1の結合です。ただしゴカイやアカガイはヘモグロビンの赤い血です。緑色の雫は本当は涙ではなく翅を軽くするため度の蝶も翅のつけねから水分を放出しているのでしょうね。たまたまそれが雫になったのだろうと思います。復元作業はもうこりごりです。今年は何とか明るい年になって欲しいですね。
ひょうすけ
2012/01/29 13:41
アオスジアゲハ〜綺麗ですね!青いへモシア二ン?血液?なんですか? 
東北大震災の悲しみを想わせる?雫 不思議な感じがします! たくさんの雫を見せて頂き〜蝶に!花に!としっかりしがみ付く水滴?とても感動いたします!涙?なのかなぁ〜 これからもお邪魔させてくださいね!
ももたん
2012/01/29 20:01
蝶の涙…なんて悲しいのでしょう。
雫って、時に美しく、時に妖しく、時に生命力あふれ、
そして重く、悲しく、
様々な世界を小さなな丸い形に閉じ込めて…

蝶に添えられた句がとても悲しく思えました。
オリーブ
2012/01/29 22:43
ももたんさんへ
お早うございます。ようこそお出でくださいました。貴女様が雫の写真を載せておられましたので、ついお邪魔してしまいましたが、私は雫や水滴の美しさにはまってしまった男です。来てくださって喜んでいます。以後よろしく。ヘモシアニンはタコやイカ、昆虫などの血液の成分です。銅の原子があるので空気にふれると青くなります。われわれの血液のヘモグロビンは鉄です。涙?いいえ、実際は蝶は空を飛ぶので少しでも身を軽くするため身体や翅の中の水分を放出したのでしょうね。ちなみに羽化する時大量のおしっこを出し、ほぼ1日ジィーとしていて身体を乾かしています。昨年の東北大震災の後最初に羽化したので、「涙」にしてしまいました。
ひょうすけ
2012/01/30 04:32
オリーブさんへ
お早うございます。私のブログのコメント欄に素晴らしい短詩をくださってありがとうございます。昨年は本当に災害が多かったですね。私自身、家を爆撃で焼かれ、伊勢湾台風では家の下敷きになったり、冬の海に落ちるなど死ぬ思いを何度もしてきましたが、今度の大津波のテレビ報道は特別で、涙してしまいました。多分日本中の人が美しい涙を流したと思います。その思いを美しい雫に託して載せた次第です。
ひょうすけ
2012/01/30 04:48
おはようございます。毎日寒いですね。
緑色の雫。。。蝶の涙なんですね。
大震災の悲しみの涙。。。恐ろしいことが次から次へとありました。
サギソウもすてきに咲きましたね。
雫のシリーズ。。。さすが、ひょうすけさん、芸術作品の数々、すてきです。
写真も甦ってよかったですね。
えみりん
2012/01/30 08:13
お久しぶりです・・ご無沙汰ばかりで申し訳ないです
どれも素敵な雫の画像・・神秘的なミクロの世界ですね・・おまけにカラフルで、撮影の楽しみもまたありますね・・
じっくりと見させて頂きました
サギソウからまるで涙のごとくに光って落ちる一滴・・本当にあの震災を憂えてのことのようですね・・
肝心のアオスジアゲハのことに触れないでごめんなさい
今日は画像はなんとか見る事ができました・・
風子
2012/01/30 10:00
えみりんさんへ
本当は翅を乾燥させるため翅の中の水分を翅の付け根から放出したのでしょうね。サギソウも復元した写真で3月4日のブログに載せたものですが、「鳥啼き魚の目は涙」の鳥をイメージして載せた次第です。おほめくださりありがとうございます。
ひょうすけ
2012/01/30 10:03
風子さんへ
こちらこそご無沙汰していました。そうか、風子さんへ蝶がお嫌いでしたね。でもこの蝶は日本で3指に入る美蝶なんですよ。サギ草は大震災直前に載せたのですが今思えば予告だったみたいに思っています。雫おほめくださりありがとさんです。御身体、まだ完全に回復しておられないようですね。お元気になられることを祈ります。
ひょうすけ
2012/01/30 14:40
今晩は〜〜♪
アオスジアゲハ、綺麗ですね。
平凡な比喩で申し訳な井ですが、まるで絵に描いたようです。
この世のものとは思われませんね。宝石にも良くたとえられますが・・・
緑の水滴は涙ですか??信じられませんが、そうかも知れません。
大震災の痛みを、見てきた蝶なのですね。
科学者、ひょうすけさんの言われることですから、信じます。

赤彦のことについて、教えて戴き有り難う御座いました。
健次先生には、二回ほどお会いしております。
そのご子息とお友達とは素敵ですね。大学時代でしょうか?
又楽しいエピソードなども、も教えて下さいね。
S子
2012/01/30 21:42
S子さんへ
お早うございます。アオスジアゲハはブログ友のけっこさーんが若い頃登山した時見られた幻の蝶でした。私は日本の3指に入る美蝶と思います。青い雫は身を軽くするため翅の中の水分を放出したのだと思います。決して涙ではありませんが「涙」にして話を進めた次第です。この蝶が羽化したのは4月下旬でその頃テレビは津波や原発の映像を絶えずしておりました。ところで友人のことですが、貴女様のブログ再々お邪魔してコメントさせていただきましたのでご覧くださいね。
ひょうすけ
2012/01/30 23:58
度々のご訪問戴き、有り難う御座いました。
3月、二十八日の記事、拝見してきました。
ご夫妻のお写真も・・・
私のイメージの中の健次先生は、もう少しスマートだったかしら?
と言うよりお孫さんが、お若く見えると言った方が良いかもしれません。
会でご挨拶なさるのは、歌人(赤彦)の関係者であるお孫さんだからなのですね。有名人ですから、何かにつけて大変なことと思います。
今年は蒲郡ですか?それで去年は、長野県だったのですね。上田城や、上田市別所温泉を回られたのですね。蒲郡のかまぼこ工場へ行ったことがあります。お猿さんのいる島へも・・・或いは、ウサギだったかしら?昔のことで名前も忘れました。
ミカンもお茶も美味しいですね。
S子
2012/01/31 19:32
S子さんへ
「かたかごの花」ご覧くださりありがとうございました。K君はアマゴや山女など淡水魚の研究者で釣りの名人でもあり釣の雑誌に良く記事を書いておられます。またずーっと鳥獣保護員もして山野を駆けていましたので逞しい男性です。それから下諏訪社の御柱行事の役員でもありました。昨年は安曇野の色々な所に行きましたが、スキーのジャンプ台へいったのが一番印象に残っています。猿島、うさぎ島は蒲郡の隣町の幡豆郡幡豆町にあり、私はこの島の周辺のアサリ調査やノリ養殖指導で良く行ったところです。今年は猿島やうさぎ島の良く見えるところで部屋会をする予定です。蒲郡は水産業もさびれ、今やミカンしか誇れるものはありません。我が家もミカン畑の中の一軒家なんですよ。S子さん、何度もお邪魔してすみませんでした。
ひょうすけ
2012/02/01 04:49
初めて訪問いたします、先日コメントを頂きましたが、お名前はコメントを頂く方の中で垣間見ておりましたがブログを読んだのは初めてでした。
造詣の深い文章を見てこれからも段々と読ませて頂きます。
雫からアゲハ、被災地の方々への想いなど参考になります。
デジ写真も素敵な雫、滴ですね、写真の深さを感じ入りました。
付いて来たレンズ交換して撮って見たくなりました。
さくらんぼ
2012/02/01 09:55
さくらんぼさんへ
ようこそお出でくださいました。いやぁ、失礼いたしました。以前「さくらんぼさん」という方とお付き合いしたことがありましたのでてっきりその方と思ってお邪魔してしまいました。これを機にお付き合いくださると嬉しいです。
ひょうすけ
2012/02/01 10:59
おはようございます
蝶の涙、お花の雫が、震災を思うと悲しみの涙に思えますね
雫が落ちるまでに沢山の事が巡ってきますね
素敵な雫に感激でした
おとと
2012/02/03 08:58
おととさんへ
お早うございます。最初は怪我をした蝶の写真だと思って昨年はのせませんでした。お蔵入りの写真を見直していたら、反対側の翅にも雫があることが判り、東北大震災の不幸の後だったので自粛していたのですが涙ということで載せてみました。感激したと言ってくださってとても嬉しいです。
ひょうすけ
2012/02/03 10:21
こんにちは〜
お久しぶりです。先日は気持ち玉ありがとうございました。
緑色の蝶の涙、不思議ですね。
久しぶりにたくさんの雫を見せて頂き、近頃写真を撮ってないなあ、また雫を撮ってみたいなあと思いました。
粉雪
2012/02/03 14:52
粉雪さんへ
お久しぶりです。はい蝶の雫は私も初めてみました。てっきり怪我をして血を出したと思いました。でも両翅とも同じところにありましたので翅を軽くするために水分を放出したのだと解釈しました。宝石には全く興味ありませんが雫は短命で一瞬の美しさにはまってしまいました。御地の風雪はまた凄いようですね。
ひょうすけ
2012/02/03 17:52
今日は〜
人・様々に悲哀を舐め、苦しくとも立ち上がることを諦めない。チョウも人間の生き様を眺めているのか・・・・いや、ひょうすけ翁の感性の素晴らしさか。
色々と思いを馳せながら雫の写真を眺めています。
春よ来い!、早く来い!コタツの中で寒さを堪えている毎日です(笑)・・・・
若山
2012/02/06 11:21
若山さんへ
いやぁー「感性の素晴らしさ」なんて褒めてくださって穴あらば潜りたいです。今年は確かに寒いですが、それでも近くの池の氷は見られませんでした。往事に比べれば温かいのでしょうね。雫昨年は載せるのを自粛していましたが年もかわったことで載せてみました。こうしてみると結構美しいと思うのですが、自画自賛ひゃ見苦しいですよね。
ひょうすけ
2012/02/06 17:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
献雫 ひょうすけの写真俳句/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる