ひょうすけの写真俳句

アクセスカウンタ

zoom RSS 蛇の衣

<<   作成日時 : 2014/08/24 12:18   >>

驚いた ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 26

深夜、暑くて眠られずひょうすけは珍しく本を読んでいました。草木も眠る丑三つ時、ふと目の前の壁を見ると怪獣?が上に向ってのそのそと歩いていました。一瞬ドキっとしましたが、これがヤモリだと直ぐ判りました。我が家は築50年ですが、ヤモリが現れたのは初めてです。これも異常気象の結果なんでしょうか。


早速カメラを持ってそぉーっと近づき撮ろうとしたらいきなり右旋回し下に向って逃走し本箱の裏側に逃げこんでしまいました。ヤモリにしてみればカメラを持っていきなり現れた私は突然海から出てきたゴジラみたいな怪物だったのでしょうね。
画像

画像
画像
                     


















                         守宮逃げるゴジラのような吾を見て


朝食後、ヤモリを詳しく観察しようと思って本箱を移動させました。本箱の裏から出てきたものは10年間蓄積した塵埃とこんなものが・・・手にとって良く見たら二つ折れの蛇の殻でした。
画像


我が家の居間にこの本箱を設置してからもう10年以上になり、何時も誰かが居る部屋なので、どうして蛇が来て脱皮したのか・・・びっくりです。二つ折れの殻を延ばしてみたら60cm程の蛇でした。

画像


頭と尻尾です。
画像


殻なのに目が光っていて・・・結構可愛い顔ですね。
画像


横顔です。
画像


口が大きいですね。成程、モグラ等自分より大きい獲物を呑み込む訳が判りました。ところで肝心要のヤモリは・・・?いませんでした。
画像


この事を俳句会でご一緒した鈴木八重子さんに話したら早速投句してくださいました。

         御仏の膝の上なり蛇の衣  一茶
                             探し物書棚の奥に蛇の衣  八重子

鈴木八重子さんから二伸があり、鈴木家の庭に1,5m程の大蛇が現れたそうです。ご近所の方何人かに集まってもらい蛇としばらくにらみ合い、やがて大蛇は忽然と姿を消したとか。
     
                        蛇逃げて野次馬去りて我一人  八重子
                                  
実は以前にも我が家で蛇の殻が見つかったことがありました。現在高校3年生のH君が小学校3年生の時のことでした。モデル料千円で蛇殻と背比べしてもらったことがありました。横に置いた30cm定規と比べてみてください。確か160cm以上の青大将でした。この蛇が我が家に居付いてからネズミが全くいなくなったことを覚えています。  
画像

                               大蛇の衣と背比べ男の子   
      
2011年7月のある日、我が家の畑に大蛇がトグロを巻いていました。普通は人間の姿を見ると逃げ出すのですが全く動こうとせず、むしろ戦う構えでいます。良く見ると何かを咥えています。・・・モグラです。
画像

                             青大将の獲物は地下の大もぐら

 そこへ同じ大きさの別の蛇が現れて赤い口を開けてもぐらを咥えた蛇を威嚇しました。
                                                    そのもぐらよこせ邪な赤口蛇の脅し
 画像





画像















         このもぐら捉えたのは俺渡さんよ

丁度その頃どこかの国の漁船が我が国の舟に体当たりしてきました。それを思い出してひょうすけは義憤にかられ邪な赤い口の蛇を竹で叩いて追い払ってやりました。いうならば集団的自衛権の発動です。

画像


我が家の畑を荒らしていたもぐらを退治してくれた青大将は安心してもぐらを呑み込んでいました。
画像

                           大もぐら呑み込む蛇の口裂けて

鼠も蛇も居なくなったと言いましたが、8月30日、我が家の前の溝に1m程の赤い蛇、多分マムシが現れました。ひょうすけもびっくりしましたがマムシも私に驚いて逃げ出しました。(クリックし拡大してご覧ください)
画像
画像


画像
上左 溝の中のマムシ
      上右 溝から畑に逃げるマムシ


             右  頭が三角ならマムシ







                                逃げられぬ赤斑のマムシ吾を狙う
                                                       マムシ出づ警戒警報発令す    
   





                                         八重子さん、ご投句ありがとうございました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
残暑お見舞い申し上げます。ご無沙汰いたしております。
いつもはねぶた祭りが終わると秋の風なのですが、
なかなか涼しくなりません。
おまけに雨が続き、気分も晴れませんね。

久しぶりにPCを開きましたらヤモリは平気ですが、
蛇の抜け殻の写真に一瞬ひんやりしたものが。(汗)
本箱の裏から出てきたことに、ただただ驚き
蛇の皮は縁起物でお財布の中に入れる話を聞いたような・・・。
きっと守っていただけたのでしょう。
脱皮当時の様子が気になります。なぜ?なぜ?
生きた蛇様とお会いしなくてよかったですね。
でも、ひょうすけ様だったら、大喜びしたかもしれませんが。


桜子
2014/08/24 15:44
お久しぶりです。
例年にも増して暑い夏でしたがお元気の様子ですね。

このヤモリの姿を見たら、しかも丑三つ時に!!!
きっと大声で叫ぶでしょうね(笑)
それに蛇も!!
アオダイショウが家につくと守ってくれるとは故郷の宮崎でも言っていましたね。
実家にも納屋に居たんですよ。
田舎ですが国道10号線とJRに挟まれた賑やかな所でしたのにね。
まあ、一歩歩けば山でしたので。
今は見る影もなく住宅が広がっていますので蛇たちもどうしたのでしょうかね?
田舎育ちですが、蛇は苦手です。
それにしても脱皮しても蛇らしい威厳が感じられます。
まきちゃん
2014/08/24 20:35
ひょうすけさんの構成力流石です。苦手な蛇のことも面白く拝読。
私のつたない句も一役光栄です。
やえちゃん
2014/08/24 22:43
ひょうすけさん、お久しぶりです!お元気でしたか?
ヤモリは時々家で見ますが、ヤモリから見れば人間はゴジラでしょうね!
蛇の抜け殻がお家に有ったというのも驚きです!
160センチもの抜け衣にもビックリです。
お孫さんより大きんですもの!こんな大きな蛇がいるんですね!
ちょっと怖いけれど、夏にふさわしいゾッとして涼しくなるお話でした。
みっきい
2014/08/25 14:34
お久しぶりですね。
我が家も築45年になります。
やもりが戸袋からいきなり出てきてびっくりし。
ヘビも細い50cmぐらいかな、、それにも驚き背筋がゾクッと。
ひょうすけさんの冷静な観察力には脱帽です。
ヘビの抜け殻はこんなにも美しく原型を残していることと。
アオダイショウがねずみを飲み込む瞬間まで。
常にカメラは携帯ですね。

南十字星
2014/08/25 15:05
ヤモリ、初めてご覧になったご様子ですがきっとひょうすけさんのお宅をずっとずっと守ってきてくれれたでしょうね。夕暮れ直後から動きだすのできっと目立たなかっただけなのかな? ヤモリ大好きです! そして、ヘビの抜け殻、どうして?って思いますね〜。でも知らずウチにそこで脱皮してたって事でしょうから、不思議ですね! 大きなヘビ、今はどこに? 息子と一緒に鳥羽に引っ越して行ったヘビ2種類も元気なようです。 もう1年会ってません。
mint
2014/08/25 22:24
桜子さんへ
お早うございます。すっかりのご無沙汰お許しください。御地は大雨で大変ですね。「東にも西にも豪雨あま蛙」ところが蒲郡には飴が降らずで畑に毎日水やりをしております。ところで本箱と書きましたがむしろ書棚と言った方が良いかもしれない大きさでしたので移動は大変でした。我が家は日中は窓など開けっ放しですので蛇が入ってきたことは何度かありましたが、何時も誰かがいる居間でしたので蛇の抜け殻があったことは本当に驚きでした。この程度の蛇だったら平気ですがモグラを呑んでいる大蛇だったら私も逃げ出したかもしれません。
ひょうすけ
2014/08/26 02:11
まきさんへ
お早うございます。最近心身ともに疲れてパソコンに向うことができずで失礼しております。まきさんは九州のご出身でしたか。九州も台風や豪雨で大変ですね。蛇の衣、意外ときれいで手にしても平気でした。野外の蛇殻はダンゴムシ等に食われたりしてすぐなくなりますが、室内の殻は殆ど傷まなずで保存できます。それでこの蛇の脱皮は何時だったか判らずです。青大将、鼠が居る所なら都会でもいるようです。結構移動するようです。
ひょうすけ
2014/08/26 02:38
八重子さんへ
お早うございます。ご投句ありがとうございました。貴女様の二伸で大蛇騒動のことを知り、蛇の方こそ貴女様が怖かったことでしょうと言ってしまいました。陳謝します。お褒めくださりありがとうございます。お仲間の皆様にもよろしく。
ひょうすけ
2014/08/26 02:51
ヤモリ…山口にもたくさんいます。すばやくてビックリします♪蛇の抜け殻って縁起良いですよね?お財布に入れるとお金が…と聞いたような。ワタシは子供と登山したとき見たのが初めてでしょうか。やっぱり1mくらいある抜け殻でした。あまりにキレイだったので砕いてお財布に入れるという事は出来ませんでしたが☆それにしても血のにおいをかぎつけたように二匹目の蛇が来るものですね。血なんかなかったでしょうに?そして丸呑み…迫力です…それをしっかり撮影してるひょうすけさん…(笑)
こりす
2014/08/26 04:42
みっきいさんへ
お早うございます。はい、ゴリラから見ればヘップバーンも吉永小百合も(古い)恐ろしいゴジラでしょうね。いわんやひょうすけなら・・・蛇の抜け殻は昔の家だったら良くありましたが、一応戸締りはしっかりできる家でしたからびっくりでした。160CMの蛇はしわしわの抜け殻でしたから実物はひょっとしたら2mぐらいだったかもしれません。大きいけれど青大将はおとなしい蛇ですので怖がることはありません。
ひょうすけ
2014/08/26 05:17
南十字星さんへ
お早うございます。ご無沙汰してゴメンなさい。お宅でもヤモリや蛇が現れますか。私は中学生時代から蛇を捕まえて遠くへ放つ役をさせられていましたので、毒蛇は別にして平気でいます。写真の獲物は鼠よりはるかに大きい大モグラでしたが、自分よりはるかに大きいモグラを呑み込んでしまいました。それよりも口の中が赤い蛇を見たのは初めてでした。どの蛇も口の中は赤いのでしょうか。
ひょうすけ
2014/08/26 05:54
mintさんへ
お早うございます。ヤモリ、昔の家には良くいました。また旅先では最近みておりましたが、我が家で見たのは初めてでした。蛇を飼育しておられたのですね。流石の私も蛇だけは飼育する気にはなれません。蛇やヤモリの隙なmintさんに脱帽です。ひょっとしたらクモやカニなどモジャモジャは嫌いではありませんか?
ひょうすけ
2014/08/26 06:07
こりすさんへ
お早うございます。御地は大豪雨のよう、大丈夫でしたか。こちらは殆ど雨がふらずで毎日の畑への水やりで疲労困憊です。自分よりはるかに太いモグラを呑み込んでいる最中でしたから逃げるに逃げられずだったのでしょうね。カメラを取りに家に行き戻ってみたらまだ同じ所にいたので撮ることが出来ました。財布どころか居間にずーっと殻があったのに溜まっていたのは埃だけでしたよ。
ひょうすけ
2014/08/26 06:21
こんにちは〜♪
久しぶりにブログUPですね。
ヤモリはまだ見たことがありませんが写真で見ると可愛いですね。
蛇の殻は透明なのですね。
蛇の殻と背比べをしたモデルのH君もう高校3年生ですか?
月日が経つのは早いですね。
ひょうすけさんが元気そうで嬉しくなりました!(^^)!
ミモザ
2014/08/28 16:35
ミモザさんへ
すっかりご無沙汰してしまいました。H君、今175cmの大男です。ミモザさんにみていただいた小学1年の時の絵、正直天才だと思いましたが、残念ながらひょうすけ家の劣悪な遺伝子を受け継いだため「ただの人」になってしまいました。本当に月日の経つのは早いですね。私がヨボヨボになったのも当然ですね。蛇の殻、意外と美しかったです。
ひょうすけ
2014/08/28 20:32
我が家でもヤモリに遭遇しました。
どうも2階のベランダあたりから
落ちてきたヤモリが地面に置かれたエアコンの室外機に
ぶつかったらしく、室外機から逆立ちのかっこうで
ぶら下がって息絶えていくのを目撃してしまいました。
ショックでした(^_^;)
siron
2014/08/29 14:57
お久しぶりです。
ヤモリ、前の家にもキッチンの窓に
この時期、毎年やってきました。
でも前の年のヤモリよりもちいさなヤモリもいて
ツバメじゃないですが代々住み着いているのが
やってくるのかしら?なんて言って
「ヤモちゃん」と呼んでいました(笑)
蛇は苦手です。。
写真も急いでスルーさせていただきました。
前記事の「落し文」いい言葉ですね。
和菓子も美味しそうだし。。。
また今回もひょうすけさんのところで
勉強させてもらいました。
忘れずに頭にいれておきます(これがいちばんあやしい(笑))
れに
2014/08/29 16:11
sironさんへ
お早うございます。やもりは他所では何度も見ていましたが、我が家では初めてでした。見た時は黒い影のようでしたからギョッとしましたが、翌日の昼中に見たときは小さなとかげの姿でむしろ可愛いかったです。とかげや蛇は高いところから落ちても意外と平気ですがやもりは駄目でしたか。当たり所が悪かったのでしょうね。
ひょうすけ
2014/08/30 04:36
れにさんへ
お早うございます。「落し文」は恋人同士の秘密の文、私自身は忍者の通信手段だと思っていました。卵付きの和菓子には目をみはりました。今度京都へ行ったら買うつもりです。我が家のヤモリは5cmぐらいでした。背比べの蛇は我が家周辺に居付いていましたがヤモリは毎年違うようですね。ご無沙汰してしまいましたがこれからもよろしくお付き合いくださいね。
ひょうすけ
2014/08/30 04:51
こんにちは〜♪
ご無沙汰お許しくださいませ。
お部屋で脱皮していましたか・・・知らぬが仏でしたね。

お孫ちゃんのモデルのアルバイト、楽しく拝見させていただきました。
思い出しますには、30数年前に我が家の愛犬「茶々」の散歩を子供
たちにアイスクリーム1個で頼んだものです。(笑)

蛇さんは苦手です。でも、文章は読みたいですし、画像は目に入り
ますしで、難儀しました。(笑)

最近は朝夕涼しくなりましたね。
ひょうすけさん、お元気にお過ごしくださいませ。
茶々
2014/08/31 17:09
茶々さんへ
お早うございます。すっかりのご無沙汰お許しください。はい、全く知らずにいました。壁と本箱の間は10cmもあいていないのでそれまで見たこともありませんでした。H君は厭がっていましたが千円で蛇の横に寝てもらいました。だから顔が少しひきつっています。茶々さんも御身大切にお過ごしくださいね。
ひょうすけ
2014/09/01 00:27
ご無沙汰しておりました。

以前、夫がアンテナの配線を調べに
我が家の天井裏に入ったことがあったのですが…
そこで何と!
「こんなのが有ったよ〜」と夫。
それはまさしく蛇の抜け殻でした。

ご近所の方にこの件を話したところが
「この辺には白蛇が居るみたいです」とのこと。
「白蛇は家を護ると云われているからね」とその方が…

私も同時期に庭で草むしりをしていた際、
朽ちかけた木箱を持ちあげたら何とそこに
トグロを巻いた、なが〜い蛇がッ!
腰を抜かしそうになりました(笑)
蛇は棲みかを無くされたと言わんばかしに
彼方へニョロニョロと去って行きました。

でもこちらの抜け殻、良く見るにつけ
顔の表情までうかがえてチョット可愛いですね。
小枝
2014/09/06 17:44
小枝さんへ
お早うございます。すっかりのご無沙汰お許しください。私は蛇はそれほど怖くありませんが、マムシに会った時は流石に肝を冷やしました。でもマムシも驚いたらしく逃げ方は周章狼狽、考えてみれば私は蛇から見たらゴジラ以上の怪物だったのでしょうね。H君が背比べしたあの蛇が居付いてからは鼠が全く姿を消しましたので確かに家を守っていたといえます。抜け殻はどんな蛇でも白いので昔の人はそれを白蛇と思ったのでしょうね。可愛い・・・?抜け殻でなかったら私もびっくりしたことでしょうね。
ひょうすけ
2014/09/09 00:59
楽しく拝見させていただきました。ところであの赤い斑点のあるヘビはマムシではありませんよ。ヤマカガシという蛇です。でも毒蛇なのでお気をつけください。
大蛇好き
2015/01/17 21:24
大蛇好きさんへ
来てくださっていたことに気付かず失礼しました。大蛇がお好きとは奇特な方でいらっしゃいますね。赤い斑点のある蛇はヤマカガシでしたか。てっきりマムシだと思い震えあがっていました。教えてくださってありがとうございました。
ひょうすけ
2015/01/23 18:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
蛇の衣 ひょうすけの写真俳句/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる