ひょうすけの写真俳句

アクセスカウンタ

zoom RSS ルリタテハは仏様

<<   作成日時 : 2011/10/23 05:28   >>

驚いた ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 44

あっ、蛹が光った!!  見苦しい干物みたいにぶら下がっている蛹が風にそよいだ瞬間、金色に輝いたのです。一瞬、私は奈良で観た古い仏像を思いました。擬態もここまで進むのか、 これはもう完全に人間に対しての「擬態」なんでしょう。少なくとも敬虔な仏教徒(嘘をつけ!)の私はこの虫を殺すどころか大切に安置して毎日拝んでしまいます。

ご覧ください。金色に輝く腹部です。

画像

                           究極の擬態は仏像ルリタテハ

風にそよいである角度になるとさらに青い四つ目がキラリと光り、

画像

                           慈愛ある眼差しルリの蛹仏

私を強く、時にはさとすような目で睨みます。

画像


蛹になって3日目、真正面からの拝顔です。

画像


やや左から。

画像


何しろ一本の細いクモの糸?でぶら下がっているだけですからちょっとした風でもゆれてしまいます。

画像


元に戻り、

画像


今度は右からの拝顔です。

画像


5日目になると金箔がやや薄れたようです。

画像


でも目はまだキラリと光っています。

画像


金箔が薄くなったかどうか色々な角度で調べてみたら・・上からのある角度で金箔が見られました。

画像


是非クリックし拡大してご覧ください。割箸に吊った5匹それぞれが光っています。

画像


祭壇です。ご本尊は箱の中です。

画像


以前、私が写したルリタテハです。前翅と後翅が別れて写っています。

画像


きれいに撮れた写真がないので以下、人様のお写真をお借りして載せました。
飛び立つ直前です。

画像


前翅と後翅が一つになった状態のルリタテハです。

画像


本当に美しい蝶ですよね。ルリタテハ!

画像


南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏! 来春までお待ちいたします、仏様。

画像



追記1

  「来春までお待ちします」とお祈りしたら途端に一匹羽化しました。いやぁー霊験あらたかです。早速お姿をご覧いただきます。
       右側からです。

画像


       左側からです。

画像


       抜け殻です。

画像


 まだ翅を開いてくれません。開いたらまた追記します。

追記2

二匹目が羽化しました。あわててシャッターを押したのでボケてしまいましたが下に赤い体液がたまっている写真はこれ一枚なので載せました。羽化したばかりでまだ蛹殻にしがみついています。

画像


直ぐに上の箸にのぼりました。赤い体液の上にティッシュを置いたら赤い血のようににじみました。

画像


ホトトギスに直にぶら下がっていた蛹でした。

画像


翅を開いた所を撮ろうと待ち構えていたのですがいきなり羽ばたいて飛んで行ってしまいました。うぅむ、残念無念!

画像


追記3

10月25日2時46分、蛹から寄生蜂の幼虫が垂れ落ちてきました。

画像


黄色は今回の幼虫、黒いのは箱入りのご本尊から出た寄生蜂の蛹、小豆ほどの大きさです。

画像


数時間で蛹になりました。

画像


追記4

 mintさんはルリタテハの蛹がウルトラマンの「メフィラス星人」に似ているとのご意見です。比べてみましょう。

メフィラス星人
画像


ルリ星人
画像

                          ルリの蛹後姿はメフィラスか


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 59
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(44件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に金箔が入っているような輝きですね!本当に不思議!
コガネムシの羽や、玉虫の羽もですが金属を思わせる輝き、自然の不思議を改めて拝見しました(合掌)
蝸牛
2011/10/23 07:26
蝸牛さんへ
お早うございます。前回光る写真を載せたのですがどなたもコメントで言及されなかったので追記の形で載せました。私は腹部が強く光ることに凄く感動しましたので、皆様の無関心が意外でした。生物の擬態、テレビで毒蛇に化けたタコのことを報道していましたが、このルリタテハも光輝いて外敵をおどしているのでしょうね。すくなくても私は殺す気持ちはおこりませんでしたよ。
ひょうすけ
2011/10/23 08:12
おはようございます♪
ご無沙汰しています!!お元気ですか?
本当に不思議、金属のような輝きですね。自分を守るための色なんでしょうか?
羽が割れてるのは何故ですか?時間の経過とともにくっつく?
ままっち
2011/10/23 08:54
おはようございます。
「またまた、ひょうすけさんたらご冗談ばかり」と思っていましたら、まぁ、ホント、神々しく光るご仏像そのままですね。
自然の摂理とはいえ素晴らしい〜。
願いが叶って、羽化してくれましたね。
翅が開くのが楽しみです。
これから成虫のままで冬を越すには試練が待っているのでしょうね。
うふふ
2011/10/23 09:15
ままっちさんへ
お早うございます。お久しぶりです。翅はもともと前翅と後翅は別々に動きます。私が写したのは飛び立つ直前でした。離れていない写真は安定して静止していた時ではないかと思います。金箔は光って敵を脅す一種の擬態なんでしょうね。
ひょうすけ
2011/10/23 09:31
うふふさんへ
お早うございます。いやぁーびっくりしましたよ。擬態にはいつも驚嘆していますがピカピカ光ってそれも青い目でにらむのですから蛇と間違えるのでしょうね。今朝羽化するとは思いませんでした。後悔してホッとして何気なく見たら羽化していました。
ひょうすけ
2011/10/23 09:43
おはようございます♪
朝、前記事にコメント書きかけ中だったのですが、今見たら新たしいのがUPされていたのでこちらに(^^ゞ
前の写真に金色の光る蛹にビックリしたのですが、こちらではさらに詳しく載っていますね!
擬態の一種とはいえ黄金色に輝くなんて凄い!
前記事では面白い事考えるな〜と見ていたのですが、ほんとに祭壇に見えて来たから不思議(^^ゞ
その祭壇の前で、もう一匹が羽化したんですね〜
無知で恥ずかしいんですが、この蝶は表と裏?で模様が違うんですね。
こちらもビックリです
せんこ
2011/10/23 10:28
せんこさんへ
殆どの蝶は表と裏の模様が違いますね。モンシロチョウ位でしょうか。両方とも白いのは。でも厳密にはこれもちがいます。この時期羽化するとは全くの想定外でした。金色に光っているのをみた時は凄い擬態だとびっくり、こんな智恵どうして得たのでしょうね。自然界は不思議なことが一杯です。
ひょうすけ
2011/10/23 17:20
黄金色に輝く擬態!
仏様に見えるのが不思議!
羽化したのですね!
ルリ色の模様が本当にきれいです。
来春まで楽しみがまだまだ残っていますね。
かなり無知でわかりませんが私も楽しませて頂きます。
まきちゃん
2011/10/23 17:21
まきさんへ
そうでしょう。仏像にみえますよね。私もルリタテハは初めてでしたので本当にビックyりでした。成蝶は何度も見て知っていましたが幼虫と蛹は初めてでしたので新鮮な驚きでしたね。来春まで羽化しないと思っていましたのでひょっとしたら全部今週か来週に羽化するかもしれません。観測を強化しますy。
ひょうすけ
2011/10/23 18:49
この週末は異常に暖かい日が続いています。今日なんか暑いくらいでした。そのためでしょうか、早くも羽化したのは!
無知の私の勝手な想像ですが。それにしても、蛹が黄金色をしているとは、驚きです。ブログのおかげで、いろいろな知識を得られます。ありがとうございます。
りりい
2011/10/23 20:06
りりいさんへ
アゲハチョウが冬型の蛹になったのでてっきりルリタテハも冬型と想いちがいしたようです。後の5匹は兄弟姉妹ですから多分数日の内に皆羽化してしまうことでしょうね。黄金色の擬態には私もびっくりし舌をまきました。
ひょうすけ
2011/10/23 21:18
最後まで見た甲斐がありました。
ルリタテハ本当に美しいですね。
全身に宝石を纏っているようです。
ろこ
2011/10/23 23:37
ろこさんへ
仏像の要な蛹、それでもやはり気持ち悪かったのでしょうね。最期のルリタテハ、まさしく宝石の蝶です。でも翅を立てている時は木の葉、それも落葉ですね。擬態の鮮やかさに脱帽です。
ひょうすけ
2011/10/24 01:00
なんと!やはり神様は自然の中におわすということでしょうか!神様との対面ですね♪そしてなんで光るんだろう!不思議!擬態の不思議、になるのかな?幼虫のトゲトゲは68本あるそうです。なぜに68本!研究心をくすぐりますね。ファーブルの気持ちが分かってきましたよ(笑)
こりす
2011/10/24 05:09
ひょうすけさんおはようございます〜主婦業にすっぽり浸かって仕舞いスッカリご無沙汰してしまいました・・・・・
時間に余裕も出来て、久し振りに拝見致しました貴ブログ、お見事!。私の周りで、見ることが少なくなってしまった「ルリタテハ」、しかも蛹の摩訶不思議な姿態に驚きです。
金色に光る神々しさを見事にキャッチ、何時もながらの「ひょうすけさん」の観察眼にマイッタ・マイッタです・・・・・
若山
2011/10/24 09:24
こりすさんへ
成程、神様ですか。私は無宗教ですので金ぴかの像をみると仏像と単純に思ってしまいます。とにかく動物はそれぞれに素晴らしい才能をもっていますが一体だれがその才能を与えたのでしょうかね。トゲが68本、一体だれが数えたのでしょう。尊敬してしまいます。
ひょうすけ
2011/10/24 10:28
若山さんへ
お久しぶりです。実は私も主夫をやっています。いやぁー過分に褒めてくださってお恥ずかしいです。実は前回の毛虫を見付けて飼育し観察した時に気付きました。これも一種の擬態でしょうがどうしてこのような才能を持つことが出来たのか本当に不思議です。
ひょうすけ
2011/10/24 10:37
自然のなせるわざ まさに神わざですね。
ひょうすけさんの 観察眼に脱帽です。

ルリタテハ羽が表と裏では違うのですね。
知りませんでした。一つ利口になりました。
もこ
2011/10/24 20:14
もこさんへ
はい、翅を立てているときは木の葉、それも枯葉に擬態しているようですね。ルリタテハだけでなく殆どの蝶も表と裏の模様がことなります。生物の擬態、どこからこんな智恵がうかぶのでしょう。確かに神様の仕業なんでしょうね。
ひょうすけ
2011/10/24 21:48
この幼虫を見るとウルトラマンに出てくる「メフィラス星人」を思い出すのでした。
mint
2011/10/24 23:05
mintさんへ
そうそう!  実は耳のようなとんがった頭からウルトラマンかなにかで出てくる怪獣を考えたのですが名前もわからず光っていることをとりあげて金箔の仏像にした次第です。
ひょうすけ
2011/10/25 02:16
根性を持って、
長く観察されるその姿勢に感服です!

私もいろんな蝶を撮ってますが、
残念ながら未だルリタテハは見たことがありません。
綺麗なルリタテハ、是非見てみたいものですね〜
ロコ
2011/10/25 11:03
ひょうすけさん
マミーさんのコメントを見て時々お邪魔していましたが、
はじめてコメントします。
蝶、毛虫などの観察面白いですね。
以前蝉の羽化を観察したことがあり、かなりの時間がかかった
事を思い出しました。
今回も楽しませて頂きました。
ルンルン
2011/10/25 19:49
ロコさんへ
いえいえ根性なんてありませんよ恥ずかしながら頻尿で2時間ごとに起きるのでそのついでに観察していただけです。ルリアゲハ成蝶は時々みかけましたが幼虫と蛹は私も初めてでした。今年は他のアゲハチョウもそうでしたが寄生蜂にやられたものが多数ありました。6匹の内2匹は羽化しましたが2匹は寄生蜂の被害に遭い後の2匹がどうかです。
ひょうすけ
2011/10/25 19:58
ルンルンさんへ
ようこそお出でくださいました。女性の皆様が嫌う蛾や蝶、蛇などの記事ばかりでさぞがっかりされたことでしょう。これを機にこれからもよろしくお付き合いくださいね。
ひょうすけ
2011/10/25 20:02
ご無沙汰していました
虞美人草や雫など美しいものを見せていただきました
これはまたほんとに光って見えますね
怖いけど見たいので最後までみました
美しいルリタテハを思いながら寝ることにします。
kumi
2011/10/26 00:02
kumiさんへ
お早うございます。虞美人草観てくださいましたか。ありがとうございます。本当は花や露の方が好きなんですが小学生の孫の夏休みの宿題の手伝いから昆虫にはまってしまいました。気持ち悪い記事ばかりでごめんなさい。最期に美しい蝶の写真を載せてお口直ししていただきました。良い夢をご覧くださいね。
ひょうすけ
2011/10/26 02:34
こんにちは〜♪
金色に輝くルリタテハは美しいです。
お仏様のように拝みたくなる気持ちわかるような気がします。
5匹のルリタテハ拡大して見ましたが
小さいながらも美しく光り輝いていました
ミモザ
2011/10/26 15:09
ミモザさんへ
今まで色々な蛹を見てきましたがこんなに金色に輝く蛹は初めてでした。このうち2匹からは寄生蜂の幼虫が出てきたので死んでいて2匹は羽化したので後の2匹が頼りですが今年は蛹で死ぬ事例が多く心配です。私は一見仏像と感じました。拍手ありがとさんです。
ひょうすけ
2011/10/26 17:59
大変ご無沙汰をしてしまっています。
さきほど、ブータンシボリアゲハという珍しい大蝶の記事を読み、ひょうすけさんお元気かなぁ?と遊びに来ました♪

お変わりないようで、面白さも健在!楽しく拝見させていただきました。

蛹、私にはコウモリに見えました〜(笑)

かよちゃん☆彡
2011/10/28 00:53
かよさんへ
お早うございます。「かよちゃん?・・あの恋人記念日の?・・」ことほど左様にご無沙汰してしまいました。ごめんなさい。でもこのボケ老人がすぐ想いだしたのですからお許しくださいね。早速伺ってみてびっくり仰天!10月20日のユータン君、我が家の孫5号(今は4年生)にそっくりです。この母にしてこの子あり。お美しいお母さまだからこんな可愛いユータン君が・・と感歎したしだいです。直ぐ思いだしたもう一つの原因はブータン(シボリアゲハ)→ユータンとピンときたからでした。来てくださって大喜び・・本当にありがとうございました。これからまたお付き合いくださいね。コウモリ?いやぁー実は私の印象もそうでした。でも腹部がピカピカだったので「仏像」にした次第です。
ひょうすけ
2011/10/28 02:30
何時ものように夜中1時頃トイレに行き、さてまた寝ようかなと思ったら、頭部に2本の角をつけた妖怪が白い目を光らせ胸からは黄金のような怪しい光を出しててこちらをじーと見つめている。手術後の私の心臓は早鐘の如く高鳴り、悲鳴をあげた。
布団を被り3億円が当たった夢を懸命にみながらこの妖怪を追い払った。ところがひょうすけさんと交信している方達は巧みな自然の営みに感動したコメントを送っている。
たとえばミモザさんはサナギには触れずルリタテハの美しさを取り上げている。その濃やかな、相手を傷つけない優しい心ずかいに敬服した。そんな人達に囲まれた貴方は幸せだ。久し振りにこんなコメントで失礼しました。
やそじい
2011/10/28 09:42
八十爺様へ
ようこそお出でくださいました。妖怪と思われましたか。仏様と思っていただければあの目は慈悲に満ちた目となります。若し追い払わなければ三億円は正夢となって貴方様に授けられたことでしょう。ミモザさんをはじめ皆様は素直に仏様と信じられましたので貴方様の「天国」へ導かれることでしょう。そうそう黄金の芋虫が山族にかわるところご覧いただけましたか。
ひょうすけ
2011/10/28 10:36
 こんばんは、ひょうすけさん。「風は山河より」です。
 黄金に光る蛹!びっくりしましたよ。ひょっとして、蛍のように自分で光を出しているのでは?これは大発見だと。メフィラス星人とは、うまく言ったものです。懐かしい!青い目なんかもそっくり。
 深夜に怪しく光る蛹。そして、そこからわき出る黄色い幼虫。さらにそれが茶色の蛹へと・・・。もうこれは「エイリアン」の世界ですね。
 ところで、先日、勤め先の花壇で、アケビコノハを見ましたよ。なんだか茶色っぽいものが、黄色いものをちらちらさせながら、少し不器用に飛んでいるなあと思っていたら、枯れかかったツルレイシ(ゴーヤ)にとまりました。何と、アケビコノハではありませんか!まさに、枯葉そっくり。こんなところにも、やってくるのですね。ゴーヤの実はすっかり熟して種も落ちてしまったのに、甘い汁でも吸いに来たのでしょうか。素手で捕まえようにも高くて届きません。ブロックに乗ろうと一瞬目をそらしたら、もういません。その間1,2秒。飛んでいった?いや、そんなはずない。しばらく必死に探しましたが、見つかりません。どうやら、擬態の術に、はまったようです。残念!
 来年は、ひょうすけさんの庭園に、アサギマダラがやってくるといいですね。
 それでは、またお邪魔いたします。お休みなさい。
 
 
風は山河より
2011/10/31 22:52
風は山河よりさんへ
お早うございます。最初この蛹を見た時は洞窟内のコウモリ、次いでモズの生贄、でした。また背側から昔子供と観た「ウルトラマン」の怪人にそっくりと思ったのですがどうしても名前が浮かばず、でした。そしたらmintさんがコメントしてくれましたので嬉しくなって、つい後ろ姿を載せてしまいましたよ。蛹は2匹が羽化、2匹が寄生蜂で死亡、後の2匹がどうかですが、見た目には4匹とも変わりなく安置しております。光るのはどうやら光の反射でして深夜電気を消して観察した時はホタルのようには光りませんでした。アケビコノハの成虫は私も見ましたが幼虫は今年はついぞ見付けられませんでした。ゴーヤの赤い実は甘くておいしいので戦時中オヤツとして良く食べましたが、あの甘い実を目的にしてきたのでしょうね。アサギマダラ、昨年は毎朝10匹程来ましたが今年はフジバカマが満開でもついに来ませんでした。もっとも妻は一度一匹来たのを見たと言っていましたが今年は他の虫も少なく異常な年だったように感じています。
ひょうすけ
2011/11/01 04:57
今回も初めて拝見するものばかりです。
こんなにも神々しいものなのですね。
少しずつ先に進みじっくりと読ませて、いただきました。
でもやっぱり夜中に目が覚めたら
頭の隅にこの姿が浮かび
しばらく寝れないかも(笑)
れに
2011/11/01 11:46
れにさんへ
お早うございます。結局6匹中羽化したのは2匹だけで後は皆寄生蜂にやられていました。羽化する瞬間と翅を広げたところは残念ながら撮ることができませんでした。光った目、エイリアンでなく慈愛に満ちた仏様の目と感じていただければ貴女様は深い眠りに就くことができましょう。どうぞごゆっくりお休みくださいね。
ひょうすけ
2011/11/02 00:25
お久しぶりです。
何時ひょうすけさんが、ルリタテハを御神体に教祖様に
なられたかと思いました。されば奥様は巫女様
イヤイヤ眠れなくなりそう。
ルリタテハ今頃飛び立って生きていけるものなのでしょうか。
自然界でも今頃羽化するものですか?
はるわか
2011/11/10 15:59
はるわかさんへ
お早うございます。はい、蛹で越冬するものとばかり思っていたら6個のうち2尾羽化してしまいました。蛹になる直前に採捕したので自然界でも羽化するのでしょうね。後の4個は寄生蜂にやられて死んでしまいました。蛹の腹部がキラキラ光ったのにはビックリでしたよ。思わず拝んでしまったのでしてとても教祖にはなれませんでした。
ひょうすけ
2011/11/11 06:00
ひょうすけさん、こんにちは
ご無沙汰して失礼しています。
ルリタテハの蛹の観察、拝見させていただきましたが
いつもながら、ひょうすけさんの熱心な観察には、感心いたしました。金色に光り輝く蛹の腹部なんて、こうして拝見させて頂かない限り、見逃します。
前翅と後翅が別れて写っているのと、前翅と後翅が一つになった画像がありますが、羽を目いっぱい広げると、別れているのですか?
綺麗なブルーが印象的です。まるで、ケープを纏っているようです。

>蛹から寄生蜂の幼虫が垂れ落ちてきました。
ということは、ルリタテハの蛹は(蜂の幼虫に)食べられたということですか?
kirari
2011/11/12 11:36
kirariさんへ
こんばんは、お久しぶりです。はい、腹部が光っているのにはびっくりしました。これも一種の擬態なんでしょうね。前翅と後翅は別々に別れているのですが安心して落ち着いている時は見ためには一つにみえますね。羽ばたくときは別々にうごきます。寄生蜂は今年は他の幼虫にも一杯あらわれました。ルリタテハも結局6匹中4匹が寄生蜂にやられました。勿論蛹の中身は食べられて死んでいます。
ひょうすけ
2011/11/12 20:18
こんばんは。
蛹が金色に輝いたのですね。
金色に輝いている腹部は初めてです。
驚きました!
ひょうすけさん、光輝く姿は古い仏像のようです。
拝んでしまいそうです。
羽化したルリタテハ綺麗ですね。
ルリタテハの蛹は「メフィラス星人」に似ているように思いました。

2011/11/20 23:44
杏さんへ
来ていただいていたことに気付かずゴメンなさい。私も腹部がキラリと光ったのにはビックリしました。本当に仏像のようですよね。擬態もここまでやるのかと感心しきりでした。メフィラス星人、ひょっとしたら作者はこの蛹をモデルにしていたのかもしれませんね。
ひょうすけ
2011/11/22 17:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルリタテハは仏様 ひょうすけの写真俳句/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる