ひょうすけの写真俳句

アクセスカウンタ

zoom RSS ツマグロヒョウモンの羽化

<<   作成日時 : 2015/06/20 02:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 32

我が家で初めて羽化させたツマグロヒョウモンです。(6月18日13時)
画像

                           翅の仲に豹の紋ありつまぐろ蝶

我が家のパンジーです。(4月26日)
画像

6月7日、このパンジーにこんな幼虫が5匹いました。
画像

画像




画像














6月9日、幼虫が一匹と蛹(2号)が一個容器の蓋にぶら下がっており、更に葉の下にも一個蛹(1号)がありました。
画像





画像

葉の下に転がっていた蛹1号です。腹側に良く光る点が多数ありました。そうそうルリタテハの蛹もそうでしたね。この後割箸に尾部を付着させ吊下しました。
画像




画像













   蛹2号と3号です。光点が良く光っています。
画像



画像
















光点はすみれの花かつまぐろ蝶

光点を横からみたらどんな形か調べてみたら棘でした。一部の棘が変化していたのでした。
画像


画像


6月18日6時45分、1号が黒化しました。こうなれば間もなく羽化することでしょう。黒化の状況2号と比べて見てください。
画像
画像

特に羽になる部分の黒化がいちじるしいですね。
画像

7時18分、全身が真っ黒です。こうなればもう何時羽化しても不思議ではありません。羽化の瞬間を撮るために常時観察できるよう手配しました。
画像

9時51分、気がついたら羽化していました。ううむ、残念無念!羽化の瞬間を見逃してしまいました。ほんの2〜3分の出来事でした。
画像



画像

13時54分、蛹殻から離れて近くのカーテンの傍に移動。
画像

14時35分近くのカーテンへ移動しました。
画像

ガラス戸を開けて何時でも飛び出せるようにしたら14時37分頃飛び立って行きました。
画像

追記
6月19日11時19分2号が、14時43分3号が羽化しました。2号は雌、3号は雄のようです。また1号も雌、21日9時40分に羽化した4号も雌でした。
    2号(♀)                                 3号(♂)
画像
画像


17時20分、庭のヤナギハナガサにとまっていた2号です。下の黄色い花はこの蝶が育った花壇のすみれです。
画像

画像
          旅立ちはまず故郷へつまぐろ蝶  
                                         菫花の祝福なりや蝶の旅              

参考
ルリタテハの蛹の記事です。是非ご覧いただき、ツマグロヒョウモンと比較してくださいね。
         ↓
 @ http://sukechan.at.webry.info/201110/article_3.html

 A http://sukechan.at.webry.info/201110/article_2.html

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 52
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです♪
さすが!ひょうすけさんですね。
ツマグロヒョウモンもルリタテハも中々会える蝶ではありませんので、嬉しく拝見しています。
羽の表と裏の柄が違うのも素敵ですね。
蛹の光点もこんなに光るものかと驚きです。
まきちゃん
2015/06/20 21:03
ひょうすけさん、お久しぶりです!
蛹の中はドロドロなのか?でひょうすけさんに質問したのが、ひょうすけさんと初めてお話したことだったと思います。
私も珍しい蝶に会えて嬉しく、興味深く拝見しました!
ままっち
2015/06/20 21:17
ひょうすけさん、お久しぶりです!お元気でしたか!?
羽化した蝶を大空へ窓から逃がしてやる迄…、ひょうすけさんの世界ですね!
ひょうすけさんのブログ記事を待っていました!
俳句の添えがありませんが…、次回待っています!

みっきい
2015/06/21 07:11
お久しぶりです!お元気でしたか? ツマグロヒョウモン、スミレとかパンジーによくやってきて産卵して行きますね。こうしてどんどん生息域をあっと言う間に北に伸ばしましたね〜!いいのか・・わるいのか・・かわいい姿を見るのは嬉しいけど。この蛹の金属光、なんとかそのまま保存してピアスにしたいです!
mint
2015/06/21 21:54
まきさんへ
お早うございます。ようこそお出でくださりありがとうございました。三河俳句誌1000号記念行事の関係で多忙となり、ご無沙汰してしまいました。羽の裏表本当に違いますね。表はまた♂(1,2,4号)♀(3号)でも違いました。光点は10個でルリタテハより多かったです。よく光りびっくりしました。
ひょうすけ
2015/06/22 03:26
ままっちさんへ
お早うございます。はい、そうでしたね。蛹になると体内は一旦融けて再構築されるのでしたね。ツマグロは我が家には良く来ますが、幼虫を飼育したのは初めてでした。今日あたり5号の羽化が見られそうです。
ひょうすけ
2015/06/22 03:33
みっきいさんへ
お早うございます。すっかりご無沙汰してしまいました。はい、頭の中以外は異常なく元気でした。これからもまたよろしくお付き合いくださいね。この蝶の名前が長いので俳句が出来ずでした。じっくり考えることにします。
ひょうすけ
2015/06/22 03:40
mintさんへ
お早うございます。すっかりご無沙汰してしまいました。これからまた載せるつもりですのでよろしくおつきあいくださいね。はい、ルリタテハの光点もですがこの蝶の光点は10個もあって良く光っておりました。温暖化で当地の生物層も変化が著しいです。
ひょうすけ
2015/06/22 03:49
こんにちは〜♪
久しぶりのブログUPで嬉しくなります。
ツマグロヒョウモンは美しいですね。
しかしパンジーに卵を産み付けたのですね。
我家のベランダにもパンジーがありましたが、
高い所だとこないのでしょうか?
暗闇で光っているのは宝石みたいですね(*^^)v
ミモザ
2015/06/23 16:22
お久しぶりです!
お元気で良かった!うれしいです!
ツマグロヒョウモンは好きな蝶なんですよ
羽化した蝶を大空へ窓から逃がしてやるひょうすけさんの姿を
想像しています
ろこ
2015/06/23 22:27
ミモザさんへ
お早うございます。本当に長くご無沙汰してしまいました。来てくださってとても嬉しいです。ツマグロヒョウモンはもともと暖かい地方の蝶で地球温暖化で当地でも最近になって見られるようになりました。現在は関東地方まで北上したとのことですので、仙台のお宅ではまだパンジーに姿を見せることはなさそうです。蛹の光点はタテハ蝶の特徴かもしれませんね。ブログ、また時々載せるつもりですのでよろしくお付き合いくださいね。
ひょうすけ
2015/06/24 00:29
ろこさんへ
お早うございます。私が所属している三河俳句会の俳誌の1000号記念祝賀で多忙となりブログから離れてすっかりご無沙汰していまいました。またブログupしますのでこれからもよろしくお付き合いくださいね。尋ねてくださってとても嬉しいです。この蝶が地球温暖化で最近当方へ来たのだということは知りませんでした。生物相がどんどん変化しているのですね。
ひょうすけ
2015/06/24 01:10
ひょうすけさんこんにちは!
お久しぶりですね
お忙しい毎日をお過ごしのようですね
お元気そうで、何よりです♪

珍しい蝶なのですね!
裏表の模様、まるで違う種類のようですね
Jill
2015/06/24 13:08
お久しぶりです。
もう、蝶が羽化しているのですね。考えれば当たり前だけれど、とても新鮮でした。

4月に一人旅をしました。ひょうすけさんのブログで知った『竹島』にも行ってきました。とっても素敵なところでした。
マミー
2015/06/24 23:47
jillさんへ
お早うございます。すっかりご無沙汰してしまいました。久し振りにアップしたら早速お出でくださってありがとうございます。はい、この蝶は地球温暖化でつい最近当地方へ来たもので現在は関東地方まで北上しているとのことです。御地には多分もう進出していると思います。これからまたときどき載せますのでお付き合いくださいね。さきちゃんゆきちゃんにもよろしく。
ひょうすけ
2015/06/25 05:41
マミーさんへ
お早うございます。すっかりご無沙汰してしまい失礼しました。早速来て下さってありがとさんです。この蝶は地球温暖化で関東地方まで進出しているそうですが、長岡はまだ行ってないかもしれませんね。竹島へ来られていたとのこと、竹島橋の入り口にある文学館に俳句誌1000号記念碑を2月に建てたので私も4月に竹島へ何度も行っておりました。お逢いしたかったです。
ひょうすけ
2015/06/25 05:52
あらっうちも毎年パンジーやビオラに毛虫がわんさかついて、それを合図に引き抜いて夏の花に植え替えるんです。見た目が黒いしで、みんななんとなく蛾だとか言ってましたが…きれいな蝶だったんですね〜(笑)あちこちに蛹がぶらさがってて、それすらもあれは蛾よ、なんて言ってました…(笑)羽化の瞬間、毎度タッチの差ですね〜☆何でも瞬間を捕らえるのってわくわくしますよね!これはひょうすけさんの楽しいチャレンジですね♪
こりす
2015/06/25 08:30
こりすさんへ
早速来てくださってありがとさんです。そうなんです。いうならば「醜いあひるの子」なんですね。蝶は愛でても芋虫や毛虫は毛嫌いして何も考えずに殺してしまう女性が多いですね。でも良く見ると毛虫も芋虫も結構魅力的ですよ。一つ蝶になるのを見てやってくださいね。羽化は20秒ぐらいで蝶になるのだそうです。私は2分間隔で観察していたのですが何時も気がついたら蝶になっていたという結果でした。
ひょうすけ
2015/06/25 20:43
お忙しかったのですね。
またまたこうして
わたしの知らない世界を見ることが出来て
うれしいです。。

イモムシ、毛虫、ご多分にもれず、嫌いです(笑)
でもこうして綺麗な蝶に生まれ変わるんですね。

なんだか目からウロコです。
これから毛嫌いしないで虫たちの観察をしたいと思います。
れに
2015/06/26 17:14
こんばんは。
幼虫や蛹の観察を拝見できるようになり楽しみが増えました。
ツマグロヒョウウモンですか。この蝶良く見かけます。
あの黒い毛虫もいました。どうも苦手なのですが。
美しい蝶になってはばたいている姿はきれいですね。
みなみ
2015/06/26 19:53
れにさんへ
お早うございます。はい、三河俳句会の俳誌1000号祝賀の行事準備などで多忙でした。ようやくブログをupするゆとりが出来た次第です。動きの弱い幼虫や蛹の時代、生物は擬態としてわざと醜い姿になっているのでしょうね。蛹のピカピカも鳥などを脅すためなんでしょうね。作物にたいした被害がないようでしたら一つ尾大目にみてやってくださいね。
ひょうすけ
2015/06/27 02:40
みなみさんへ
お早うございます。来てくださってありがとさんです。地球温暖化でこの蝶は現在関東地方まで北上したとのことで愛知県も最近見られるようになったとのことでした。この蝶は♂の方が美しいと思っていました。今度調べてみたら美しいのは人間と同じく♀が美しいのだとわかりました。
ひょうすけ
2015/06/27 02:51
ひょうすけさん

お久しぶりです。
ブログを拝見しまして、お元気なご様子安心しました。
いつもながらの観察力に感嘆いたします。
特に蛹の腹の光る点には驚きます。
そして羽化すると、文様がなんとも言えず美しいです。
また これからもよろしくお願いたします。
オリーブ
2015/06/27 21:57
オリーブさんへ
ようこそお出でくださいました。俳句会の仕事が一段落したのでまたブログにもどりました。醜いアヒルの子ではありませんが幼虫や蛹と蝶との格差が大きいのに驚いています。一種の擬態なんでしょうが蛹の光点には感動すらしています。
ひょうすけ
2015/06/27 22:24
お久しぶりです。
ブログ再開とのことで飛んで参りました。

飛んでいる蝶を見かけても、蛹になって羽化するところまではなかなか見ることができませんね。
飛び去るまでのひょうすけさんの優しいまなざしを感じました。
また戻って来てくれると良いですね。
うふふ
2015/06/28 08:11
半年振りの復帰ですね!

ツマグロヒョウモンはこれから初夏に向けて
見かける蝶ですが、
幼虫から羽化するまでを
観察されるとは流石ですね!
赤と黒の幼虫を見ると
ちょっとお尻が引けますね(苦笑
ロコ
2015/06/28 16:51
ツマグロヒョウモンの羽化、貴重な写真ですね。
幼虫の毒々しさ、サナギの輝き、成虫の優雅さ、本当に昆虫の神秘を感じてしまいます。凄いと思います。
よく育てて、羽化を見届けましたね。
ミクミティ
2015/06/28 19:00
お久しぶりです。
相変わらず、ドキっとする写真が並んでいます。
蝶はきれいで好きなのですが。
先日も大きないもむしがクチナシの葉を食べていました。
殺虫剤を使いました。
はるる
2015/06/28 19:44
うふふさんへ
ようこそお出でくださいました。これからもよろしく。幼虫を飼育して蛹を見た時はびっくりしました。光点が輝いていてすごい擬態だと思いました。雌蝶は本当に美しいですね。
ひょうすけ
2015/06/28 20:48
ロコさんへ
ようこそお出でくだしました。所属する俳句会の俳誌1000号の記念祝賀の関係で多忙でしたが、それが終ってようやくブログに戻ることができました。本来生物屋ですので飼育観察することは実に楽しいです。これからもよろしくお付き合いくださいね。
ひょうすけ
2015/06/28 20:57
ミクミティさんへ
すっかりご無沙汰してしまいました。これからもまたよろしく。人間が地球上で一番すぐれた存在だと思っていましたが、どうしてどうして何時も人智の及ばぬ生物の智恵に驚いております。
ひょうすけ
2015/06/28 21:05
はるるさんへ
ようこそお出でくださいました。これからもよろしくお付き合いくださいね。本当に蝶と幼虫、蛹は白鳥と醜いアヒルの子の関係ですね。できたら殺さずに生かしてやttekudasaine.
ひょうすけ
2015/06/28 21:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツマグロヒョウモンの羽化 ひょうすけの写真俳句/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる