カマキリの誕生

枯れ枝に卵鞘が着いていて、そばに一匹のカマキリがいました。本当はこのカマキリと卵鞘は何の関係もなくただ傍にいただけなのですが、私には子の誕生を心配して見守っている母親のように思はれました。カマキリって近ずくと首を回してこちらに顔を向けるでしょう、おどすと鎌を振り上げるでしょう?本当に表情豊かで、だから知らぬふりして横目でじぃーっと見てい…
トラックバック:0
コメント:35

続きを読むread more

アオスジアゲハの誕生

我が家で卵から育て、7月10日6時36分に羽化したアオスジアゲハ4号の10時46分の姿です。いやぁー美しい!羽化の瞬間を撮ろうと今まで何度も観察してきましたがついに撮影に成功しました。実は数年前に一度観察に成功しブログに載せたことがありましたが、あらためてアオスジアゲハの誕生を皆様にご報告いたします。               …
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

梅雨の雫探し

ひょうすけ殺すに鉄砲はいらぬ、雨の三日も降れば良い。本当に良く降りますね。こんな時には花も蝶も蛇も見れません。しかたがない。雨の合間に雫を撮ることにしよう。                   …
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more

エダマメとジャガイモ

妻はクラス会で留守、久しぶりに自分の好きな手料理で一杯やろう。 といっても手のこんだ料理はできません。冷奴か卵焼き、それともエダマメ・・そうだ、エダマメとノンアルコールだ! 早速畑へ行って豆を摘んできました。 3時頃孫娘のmちゃんがケーキを持って訪ねてくれました。おばあちゃんへの母の日のプレゼントだって。「えっ、父の日のプレゼント…
トラックバック:0
コメント:48

続きを読むread more

ツマグロヒョウモンの羽化

我が家で初めて羽化させたツマグロヒョウモンです。(6月18日13時)                            翅の仲に豹の紋ありつまぐろ蝶 我が家のパンジーです。(4月26日) 6月7日…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

新年明けましておめでとうございます。

東京のサンシャイン水族館に紅白の海老(ザリガニ)が展示されていると12月30日のテレビで報道されました。いやぁー美しい。今年一年の暗いニュースが続いた後だったのでなんとも明るくおめでたい気分になりました。急いでカメラでテレビ画面を撮りましたので不鮮明ですがご覧くださいね。本当はザリガニなんですがおめでたいので海老ということにします。 …
トラックバック:0
コメント:56

続きを読むread more

あこやだまの試験

日本の真珠養殖は主にアコヤ貝で行われています。昭和29年の夏私は夏休みを利用して三重県の英虞湾にある間崎島の山岩真珠KKで真珠養殖の実習をしてきました。その時アコヤ貝のアコヤの意味を工場の皆さんに尋ねたのですがどなたも御存じなく、多分養殖が大大的に行われているここ英虞湾の「アゴ」に関係しているのではないか・・ということでした。昭和33年…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

あっ、ナガサキアゲハだ!

9月8日、我が家のカンナの花にナミアゲハやモンキアゲハより大きいアゲハチョウがやってきました。動きがゆったりしていて王者の風格、初めて見る蝶です。なにしろ羽ばたいているので連続してシャッターを切り撮影、結果は大部分がボケ写真でした。その中で比較的良かったものを以下に載せました。                     …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

蛇の衣

深夜、暑くて眠られずひょうすけは珍しく本を読んでいました。草木も眠る丑三つ時、ふと目の前の壁を見ると怪獣?が上に向ってのそのそと歩いていました。一瞬ドキっとしましたが、これがヤモリだと直ぐ判りました。我が家は築50年ですが、ヤモリが現れたのは初めてです。これも異常気象の結果なんでしょうか。 早速カメラを持ってそぉーっと近づき撮…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

落とし文

インターネットで「おとしぶみ」を検索したらこんなお菓子の写真が出てきました。いやぁーおいしそう。上に乗っかっている真珠?は虫の卵なんだって。                          聖五月おとしぶみなる銘菓かな 5月21日、私が植えた桜の木の下の道路で落とし文を5巻拾いました。おとしぶみって意中の人に贈る恋文な…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

ダンゴムシ

虫愛ずるひょうすけです。今年もまた毛虫やいもむしを飼育しようと探しているのですが・・・全く見つかりません。それどころか、モンシロチョウも蠅も、その子の青虫やウジも全くいないのです。そういえば小鳥の姿もあまり見かけておりません。一杯いるのはナメクジと・・、そう、ダンゴムシだけなんです。それでダンゴムシを観察することにしました。 ダン…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

霧と露と餅

あっ、お爺ちゃん、この写真は何処?   ここ?あぁ日本のマチュピチュってとこだよ。   マチュピチュって高いところでしょ?そんなところにこんな木が生えているの?・・・小学3年生の孫娘Iちゃんとの会話です。 日本のマチュピチュは高い山の天辺だけどそんなに高くなくて昔はここに竹田城ってお城があったんだ。だから木も生えているんだ…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

     藤色曼荼羅華とシャドークイーンの栽培

洋種朝鮮朝顔、別名藤色曼荼羅華(フジイロマンダラゲ)の種です。前々回に載せた記事の実が成熟してできた種です。この種をゴマと間違えて食べた人が死んでしまったという猛毒の種実なんです。ナス科でキチガイナスビともいわれています。                              人を殺し人を救いし曼荼羅華 昨年12月13日…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

富士山

いやぁーびっくりです。蒲郡から富士山が見えたなんて! 年末、農協から2014年度のカレンダーが届きました。その最初の1月の写真は蒲郡西端の西浦半島先端からラグーナを撮った写真でなんとそれに富士山が写っていたのです。この角度からは見えませんがひょうすけの豪邸??は右端の山の陰にあります。 ブログ友の皆様へ   新年明け…
トラックバック:0
コメント:59

続きを読むread more

教えてください。

これ、何という草の実なんでしょう? 12月13日現在のこの草の姿です。蕾と咲きかけた花と実です。 10月のある日、この状態の花のついた雑草?を我が家の菜園で見つけ、早速植木鉢に移植しました。 どんな花が咲き開くかと数日間観察しましたが・・・。 突然花?の前の部分が千切れて中に小さな実?が現われました。 …
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

ベランダでバケツ栽培

今年私が栽培した野菜です。これ何かわかりますか? 7月頃の栽培状況です。実は我が家の駐車場の屋上がベランダ(バルコニー?)になっていて何時もは洗濯物を干し、また見晴らしが良いので友人が来た時などビアーガデンになったり月見の宴をしたりしています。今年ある事情でここにこの植物をバケツ栽培したです。 植木鉢は持ち運びに不便…
トラックバック:0
コメント:51

続きを読むread more

これ、何だろう?

10月25日3時起床、半分寝ぼけながらパソコンにむかう。ふと前のガラス戸を見たらこんな蛾がガラス面にとまっていました。ちょっとユーモラスな人面に見えませんか?この蛾ひょっとしたら飼育中逃亡した幼虫・・いもむしのなれの果てだったかもしれません。戸締りは厳重?にしてあり外からは入ってこれない筈です。 3時7分、何気なく足元をみ…
トラックバック:0
コメント:43

続きを読むread more

友の応援・ジャパンマスターズ2013( 於名古屋)

6月24日今橋君からメールが来ました。漁業科の細木君が愛知で行われるジャパンマスターズに出場するとのことです。細木君は寮委員長をしていたので学生時代大変親しくしていたのですが、私とは科が違うので卒業以来60年会っていません。懐かしい! 勿論応援を快諾しました。 会場は日本碍子アリーナで7月15日午前10時に200m自由形で泳ぐとの…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

あっ、やられたぁー!

26号台風は一晩中荒れていました。10月16日9時、風も弱くなったので私の部屋の雨戸を開けました。いやぁー、台風一過、何と美しい空、空気が雨に洗われて素晴らしい景色です。追っかけ雲が台風を追って次々に東の方へ飛んでいきます。あぁ何事も無くて良かった! 実は停電でテレビが見られず他地区の被害状況がわからずにいましたが、この時間関東、特に伊…
トラックバック:0
コメント:35

続きを読むread more

鯉とホウジャクと吾亦紅

10月9日、24号台風が山口のこりすさん、富山のねぼけうさぎさんとjillさんのお宅を次々に訪問してその後新潟のけっこさーんのお宅にたどり着いた頃、蒲郡の我が家周辺は雨もあがって薄日が射していました。ワレモコウの写真が撮りたくて豊川用水の畔を散策していてふと川面を見たら・・鯉の夫婦が・・・・。いやぁー懐かしい、5年ぶりの対面です。実はこ…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more